<お役立ちメニュー>女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイント

視床下部の働きが悪くなってしまいますと、バストアップに必要となる女性ホルモンの分泌がされなくなってしまいます。
ですのでバストアップを望んでいる人は、ストレスを溜めずに毎日の生活を送っていくようにしましょう。視床下部でどの程度の量が分泌されるかが決まることになりますが、実はストレスを最も受けやすい場所なのです。
つまりストレスを溜め過ぎてしまいますと、視床下部の働きが悪化してしまうのです。女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントとなります。
脳下垂体と呼ばれている場所の視床下部で女性ホルモンの分泌が調整されているのです。 誰でも出来て気軽な美容方法の一つであるウォーキングですが、忙しい現代人にはその時間を作るのも難しいことでしょう。
最近では自宅で簡単に実践出来る美容対策もありますので、是非とも試してみると良いでしょう。





ナカノへ
ナカノの情報
URL:http://www.abc-store-japan.com/page/415


<お役立ちメニュー>女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントブログ:2018/12/07

ぼくは、高校を卒業するまで、
バレーボールをやっていました。

高校のバレーは厳しかったので、
食べないと体力がもたない!

午後も牛丼(ねぎぬき)2人前など、かなりの量を食べていたんです。
しかし、トレーニング量が多かったので、
からだもひきしまり、むしろ体重も落ちていってたほどです。

きっとトレーニング量と食べる事量がうまい具合に
バランスがとれていたんだと思います。

ところが、
バレーを辞めてしばらくすると
ブクブク太ってしまいました。

トレーニングをやめたのに同じくらいの食べる事量を摂り、
バランスも考えないで、食べたいものを食べたいだけ食べる…

トレーニングしてる時に比べて、
ウエストだってそこまですいてないのに、
トレーニングしてる時と同じ感じで食べる事をする…
太るのは当たり前ですよね。

だから、ぼくは、
今の生活に合った食べる事を考えて摂り、
そして、できる時にはなるべくからだを動かすようにしました。

全くトレーニングせず、ダラダラしてしまえば筋肉はどんどん衰え、
痩せにくくもなってしまいます。
それこそ、朝踏み台昇降をやるだけでも違いますよ!

ぼくは球技は得意ですが、
マラソンなどが苦手なんです。
だから、ジョギングなどは続かないので、
日々、朝踏み台昇降をやっていました。

激しいトレーニングではないけれど、
全身を使い日々続けられるものなので、
何もしないよりはいいと思うんです!

以前トレーニングをやっていた経験がある人なら、
得意不得意はあると思いますが、
からだを動かすことが嫌いなわけではないですよね!

トレーニングが嫌いでない人なら
ダイエットだって成功しやすいはず!

少しのトレーニングと、食べる事バランスを考えれば、
きっとひきしまっていたあの頃に戻れるはずです!