<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬

<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬



<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬ブログ:2014/12/21


腹筋運動に関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋運動を50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビで減量に成功したタレントが
「連日、腹筋運動を100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

減量に詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
減量効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋運動を100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数の運動は
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
運動学では基本的なことです。

減量では
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
体質のラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数の運動は適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
減量では15~20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15~20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15~20回で行い、
2~3セット行うのが効果的な
お腹周りの筋肉の鍛え方となります。

―地球滅亡まであと427日―
<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬

<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬

★メニュー

<お役立ちメニュー>新しいダイエット方法が次々と生まれてはブームとなっています
<お役立ちメニュー>O脚というのは矯正を行うことにより真っ直ぐな脚に治せる
<お役立ちメニュー>脂肪吸引をすることのメリットを知っておこう
<お役立ちメニュー>年齢以上に老けてしまっている印象を与える原因
<お役立ちメニュー>女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイント
<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬
<お役立ちメニュー>脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊
<お役立ちメニュー>脂肪吸引についてしっかりと調べて納得のいくクリニックを選ぶ
<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上
<お役立ちメニュー>むくみの解消をすることは当然のことセルライトの除去も大切


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)素晴らしい美容方法を全ての人へ伝授