<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬

<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬



<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬ブログ:2014/08/11


友達が言うには
「おふくろの味」のダントツ1位って、
カレーなんだそうですね。

皆様、ホントですか?

というのも、
おいらはママのカレーをきちんと思い出せないんです。

それはママがカレーを作ってくれなかったからではなく、
毎回味が違ったからです。

ある時はドロドロのこってりカレー、
ある時はしゃばしゃばのあっさりカレー。

その都度、
ママは「目分量だから」と言っていました。

出ました「目分量」!

レシピでは伝えきれない目文量…
きっとこれが「おふくろの味」のキーポイントになるのでしょうが、
おいらのママの場合、
いわゆる「目分量」という言葉は適応されません。

「目分量」というよりも
「気分量」という言葉があてはまると思います。

その日のママのテンションによる味付け、
それが「気分量」です。
気分量は様々なバリエーションを生みます。

例えば、
我が家は誕生日チーズケーキも手作りだったのですが、
チーズケーキの大きさが毎回違うんです。

これはママがケチっているわけではありません。
ときにスポンジがどのくらい膨らむか、
これが焼いてみないとわからないのです。

ほとんど膨らまないときのチーズケーキは2段重ねのくせに
高さ5センチくらいのときがあります。

食べてみると
ふんわりという表現からほど遠く、
どっしりとした重量感はベイクドチーズケーキのようでした。

ママの面目もありますから断っておきますが、
味はなかなかのモンですよ!

ただおいらが言っているのは、
これといって決まった味がないので、
何をもって「おふくろの味」と呼べばよいのか、
なかなかジャッジが難しいということなんです。
<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬

<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬

★メニュー

<お役立ちメニュー>新しいダイエット方法が次々と生まれてはブームとなっています
<お役立ちメニュー>O脚というのは矯正を行うことにより真っ直ぐな脚に治せる
<お役立ちメニュー>脂肪吸引をすることのメリットを知っておこう
<お役立ちメニュー>年齢以上に老けてしまっている印象を与える原因
<お役立ちメニュー>女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイント
<お役立ちメニュー>韓国ならではの多くの漢方を使い製法しているダイエット薬
<お役立ちメニュー>脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊
<お役立ちメニュー>脂肪吸引についてしっかりと調べて納得のいくクリニックを選ぶ
<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上
<お役立ちメニュー>むくみの解消をすることは当然のことセルライトの除去も大切


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)素晴らしい美容方法を全ての人へ伝授