<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上

ダイエットをする際には出来る限り予め来ておいた時間に食事をするようにして、朝食を抜くことのないようにしましょう。
食事をしないと、脳というのは飢餓状態だと勘違いをしてしまい代謝の妨げとなってしまうのです。質の良い食事は、健康的なダイエットを実践する時には欠かすことが出来ません。
身体の中から健康にすることで、基礎代謝が向上することとなり、その結果「太り難い体質」を作ることが出来るのです。体重を減少させることばかりを考えていますと、食事を抜くような無茶なダイエットを実施してしまう人が多くいます。
無茶した反動からリバウンドが起こったりして、根本的な体質改善にもならずに、栄養付属から健康までも害してしまう恐れもあるのでご注意ください。 残念なことですが、美容エステや美容クリニックの中には法外な料金を請求してきたり免許無しで営業をしていることもあります。
これら悪質な店舗で施術を受けてしまうと、後々トラブルに巻き込まれてしまうこともあるのでご注意ください。



<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上ブログ:2018/10/15

Goodevening♪

ダイエットをするためには筋肉をつける…
これはある意味鉄則といえます。

俺たちの身体の中で、
筋肉が最も消費するエネルギーの量が多い箇所だからです。

しかし、筋肉をつけることに誤解をしている人がいるんですよね。

トレーニングをしていたら、
体重が落ちていないという誤解です。

トレーニングをすると脂肪が落ち、
筋肉がつきます。
そもそも筋肉は、脂肪と比べると重さがあります。

ですから、筋肉がつくことによって、
体重自体が変化しないというケースが生まれてきます。

でも、筋肉は確実に増え、脂肪は少なくなりますから、
結果的には体脂肪は減少しているのです。

ですから、しばらく続けていくと、
引き締まったいい身体を作り出すことができるはずです。

また、トレーニング不足の人がいきなりトレーニングをすると
筋肉痛を引き起こすことがあります。
筋肉痛になると、身体がだるくなるような感じがしませんか?

筋肉痛になると、身体に大量の疲労物質が分泌されます。
疲労物質には、
水分の代謝を悪化させるという性質があることがわかっています。

このため、水分が排出されることなく、筋肉にたまっていきます。
一種のむくみのような症状が起きるのです。

水分が筋肉にたまると、どうしても全体的に重みが増します。
この重みが身体のなんともいえないだるさを感じる元になるのです。

しかしトレーニングする習慣をつけることによって、
疲労物質の分泌が少なくなり、
筋肉痛を起こすこともなくなっていきます。

ですから、筋肉痛で挫折をせずに、
もうひとふんばりすることが、
ダイエット成功につながるんですよね。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜