<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上

ダイエットをする際には出来る限り予め来ておいた時間に食事をするようにして、朝食を抜くことのないようにしましょう。
食事をしないと、脳というのは飢餓状態だと勘違いをしてしまい代謝の妨げとなってしまうのです。質の良い食事は、健康的なダイエットを実践する時には欠かすことが出来ません。
身体の中から健康にすることで、基礎代謝が向上することとなり、その結果「太り難い体質」を作ることが出来るのです。体重を減少させることばかりを考えていますと、食事を抜くような無茶なダイエットを実施してしまう人が多くいます。
無茶した反動からリバウンドが起こったりして、根本的な体質改善にもならずに、栄養付属から健康までも害してしまう恐れもあるのでご注意ください。 残念なことですが、美容エステや美容クリニックの中には法外な料金を請求してきたり免許無しで営業をしていることもあります。
これら悪質な店舗で施術を受けてしまうと、後々トラブルに巻き込まれてしまうこともあるのでご注意ください。



<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上ブログ:2019/04/12

今日は大切な日なんです♪


シェイプアップに成功して、
スリムになった自分を想像したらワクワクしますよね?

でも、無意識の中ではちょっと違う動きをするようなんです。

それは、
今まで自分が体験したことない状況を本能的に避けて、
自分が経験している状態を好む…という本能で、
「ホメオスタシス(自己恒常性)」と呼ばれているものなんだそうです。

これは肉体の働きにも備わっており、
シェイプアップしていても最初はなかなか減らないのも、
自分が長い間過ごしてきた体重に戻そうとする
「ホメオスタシス」の本能が働き、
食事の量が減れば食欲を増長して食べさせようとし、
肉体もエネルギー消費しにくい肉体にして
脂肪を温存しようとします。

これと同じような働きが脳にも作用し、
「シェイプアップに成功するぞ!」と思っても
「本当に成功するの?今まで何度やってもダメだったじゃない」とか
「そんなシェイプアップやったら体に悪いんじゃないの?」とか、
いろいろな「自分が成功できない理由」を頭の中で考え始めます。

つまり「自分自身でシェイプアップを失敗させようとする」のです。

これが本能的に
シェイプアップに成功することを恐れ、
元の状態に戻そうとする脳の本能なのです。

これは、
シェイプアップ成功の経験が少ない人ほど強力に働くもので、
それがいつしか「自分は痩せにくい肉体」だと思ってしまう傾向があります。

これは本人の意識の問題ではなく、
ホメオスタシスという脳の本能の働きなので、
当人がこらえ性がないとか怠惰であるという事ではないのです。

ましてや「痩せられない肉体」だという事でもありません。

人間は生きていく以上はエネルギーを消費しますし、
そのための食物も必要です。
それらのバランスを変えてあげれば、シェイプアップは成功します。

しかしそのバランスを変えるためには、
人間の「ホメオスタシス」を克服しないといけないんですね。

――――――以上で今日の報告を終わります。