<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上

ダイエットをする際には出来る限り予め来ておいた時間に食事をするようにして、朝食を抜くことのないようにしましょう。
食事をしないと、脳というのは飢餓状態だと勘違いをしてしまい代謝の妨げとなってしまうのです。質の良い食事は、健康的なダイエットを実践する時には欠かすことが出来ません。
身体の中から健康にすることで、基礎代謝が向上することとなり、その結果「太り難い体質」を作ることが出来るのです。体重を減少させることばかりを考えていますと、食事を抜くような無茶なダイエットを実施してしまう人が多くいます。
無茶した反動からリバウンドが起こったりして、根本的な体質改善にもならずに、栄養付属から健康までも害してしまう恐れもあるのでご注意ください。 残念なことですが、美容エステや美容クリニックの中には法外な料金を請求してきたり免許無しで営業をしていることもあります。
これら悪質な店舗で施術を受けてしまうと、後々トラブルに巻き込まれてしまうこともあるのでご注意ください。



<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上ブログ:2018/08/16

娘を育てている時、
わたくしはしょちゅう、
揺れ動いていたような気がします。

「娘のごはんを作る」という場面でも…

娘が喜ぶ顔を見たくて、
娘の好物をメニューに加えたり

少しでも健康で元気に毎日を過ごしてほしくて、
栄養のバランスを考えたり…

食事の後に、
ビタミンが摂れるようにとフルーツを用意したり…

それらを、
とってもワクワクしながら出来る日もあれば、

毎日の事となってしまって、
ただ、なんとなく仕方がないからやってるってこともあったり…

手作りのものを作ってやらないと
悪い母になった気がして、作ったり…

コンビニでお弁当を買ってくることに、
とっても罪悪感を感じてしまうから
仕方がないから作ろうと思って頑張ってみたり…

そんな事って、たくさんあったんですよね。

どれもこれも、人間ですから、
持ってしまう感覚だったり感情だったりします。

良いとか悪いとかでは無くて、
そんな事もあってOKなんでしょうけど
「与える」って状態で居たほうが、
娘もわたくしもとっても「楽」なんですよね。

例えば…
「今日のごはんは、イマイチ…」とか言われても、

「与える」って感じの状態だったら、
「そう?味加減?どうしたら良いと思う?」と聞いてみたり
あしたは、こんな風にしてみようかな〜と工夫が生まれます。

でも、仕方なく
「作らねばならない!」と思いながら作った料理で
「イマイチ…」って言われると
「なに〜!こっちも頑張って作ったのに!!」と
怒りを感じてしまう…なんて事もありました。

日常のこんなほんの些細な事でも、
わたくしはそうでしたから
仕事や社会との関わりとか、色んな場面で
この揺れる感覚は、本当にたくさんありました。